味楽のこだわり

利尻らーめん味楽の源
利尻島では島民が6月から7月にかけて、近海
で採取した昆布を1枚1枚丁寧に天日干しする
ことで、昆布の王様ともいわれる食材『利尻昆
布』に仕上がります。
味楽ではこの利尻昆布を3年熟成し旨味成分を
増幅させ、至高の出汁昆布へと成長させます。

地元だからこそ成せる業
非常識なほど大量の利尻昆布をじっくりと煮込
み出汁を抽出します。
それとは別に8時間かけて高温で抽出したガラ
や野菜の出汁を組み合わせることで、深みのあ
るダブルスープがここに完成します。
大切にしたいバランス
醤油は焦げる寸前まで焼き上げることで香ばしさを…
味噌は焦がしニンニクと合わせることでコクを…
塩は主張の少ないシンプルさを…
それぞれがダブルスープと相まって芳醇なラー
メンに仕上がります。
大切なことはスープとのバランスなのです。

細部へのこだわり
スープだけではありません。
麺は北海道を代表する西山製麺の中太ちぢれ麺
を使用することでスープとの絡みが抜群。
チャーシューにはダニッシュクラウンの肉を使
用し、メンマは昆布出汁で煮込むなど、細部へ
の工夫を怠りません。